自己破産と免責


債務整理の中でも自己破産は、最も効力の強い方法です。借金をゼロにすることができる効力を持つ代わりに、さまざまなデメリットも存在します。しかし、そのどれもが、借金で苦しみ、生活を圧迫し続けることに比べれば、問題にするほどのことではありません。逆に早期に選択して、再建することも考えていくべきでしょう。

自己破産自己破産は、だれもが選択できるわけではないことを忘れてはいけません。裁判所から免責されなければ、自己破産することができないからです。つまり、借金はゼロになりません。この条件として、ギャンブルなどで作った借金は、免責されにくいことがあげられます。可能性としてはゼロではありませんが、限りなく低いものとなってしまうこともあるのは理解しておく必要があるでしょう。このほかにも、さまざまな条件があり、一度自己破産した時には、一定期間再び活用できないことも出てきます。

問題は、こうした条件をどこで線引きしていくのかです。これは簡単なことにはならないことから、弁護士と相談しながら、本当に適用できるのかも判断する必要があるポイントになるでしょう。うまく活用できれば、生活を再建するきっかけにすることができるのですから、自己破産を考えることは、専門家とともに進めていくことが重要です。